プラバンに絵の具で着色するやり方

 

こんにちは!たまちゃんです♡

プラバンの着色方法の一つに絵具で着色する方法があります!

今回はこちらをご紹介します( ^ω^ )

向いている絵具

 

まず、プラバンの着色に向いている絵具は

アクリル絵具です。

たまちゃんは、こちらの二つのメーカーを愛用中です。↓

 

中学生の時とかに美術で使っていたような絵具です( ^ω^ )

水彩と違って、くっきりはっきりした発色でプラバンの着色に向いています♡

 

筆は、こんな感じの細筆を使用↓

細かい着色になるので、めちゃくちゃ細い筆がオススメです。

水入はこちら↓

小さい筆をササっと洗う程度なので、こちらを水入れにするのがオススメです( ^ω^ )
ペーパーパレットもあると便利ですよ♡
レジンでラメを混ぜる時も愛用しています↓

プラバンを裏面にして塗っていきます!

 

塗り方のコツ

 

塗る時のコツとしては、あまり水分を含まない方が良いです。

水分を多く絵具に含ませると、絵具を弾いてしまいます。

なので、ほぼほぼ水は含まずたまちゃんは塗っています( ^ω^ )

キッチンペーパーもあると筆を拭くのに便利です🎵

 

裏面から着色するので、表から何度も確認してはみ出さないように塗っていく必要があります。そこがちょっとアクリル絵具の着色で難しいところ。

 

着色するタイミング

 

アクリル絵具でイラストに着色する場合は、

『オーブンで焼いたあと!!』に着色します。

↑オーブンで焼いて余熱をとったあと。

裏面にして、顔の色を絵具で塗っていきます。

注意
焼く前に着色すると、絵具が焦げてボロボロになってしまうので注意!

 

どんな時に絵具の出番?

 

たまちゃんは普段、ポスカで着色することが多いのですが

ポスカのカラーって限られていまして・・・

ポスカに気に入った色がない時にアクリル絵の具で色を作ったりして

着色しています( ^ω^ )

肌色なんかはよくアクリル絵の具を使っています♡

この色は、よく肌色に使っています。

 

アクリル絵具のいいところ

 

アクリル絵具のいいところは、好きな色を混ぜて作れる!というところ。

ポスカにも無い、絶妙なくすんだ色だったり。

何色も混ぜて、自分で好きな色が作れるので楽しいですよ!

コスパ面でも◎!

はじめは、必要最低限の色を揃えて、混ぜてカラーを作るといいかもです( ^ω^ )

 

まとめ

 

以上、アクリル絵具での着色のやり方でした。

コツさえ掴めば簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください( ´ ▽ ` )