プラバンで作るアクリルスタンド【胡蝶しのぶver.】

ご覧いただきありがとうございます!『たまちゃん』です♪

今回は、アクリルスタンドの作り方について解説していきます!

ちょっとこだわった本格的なアクリルスタンドに挑戦してみたくて・・・(゚ω゚)

以前YouTubeでしたアンケートで投票数が1番多かった

鬼滅の刃の『胡蝶しのぶちゃん』で作ってみようと思います♪

冨岡さん、ねずこちゃんはまた次回に♡

YouTubeにUPした動画を細かく解説しているので、よろしければ参考にしてプラバン作りを楽しんでみてください♪

油性ペンで線画を描く

 

 

 

まず、プラバンに油性ペンでイラストを描いていきます

今回はフロストプラバンのツルツル面に描きました

月は、ザラザラ面が表になるようにしています

線画を書き終えたら、ハサミでカットします

MEMO

プラバンをカットする大きさ

しのぶちゃん(B5の3分の1)

月(B5いっぱい)

ロゴ入りの円(B5横幅いっぱいのまん丸の円)

蝶々(しのぶちゃんを基準により小さく)

線画を描く前の下準備などはこちらの記事を参考にしてください↓

 

プラバンの下準備

しのぶちゃんの頭の上、月の先端の下の部分は後から丸カンを通す予定です

パンチで穴を開けられるようにあらかじめカットしておきます

 

MEMO

今回用意したパーツ

しのぶちゃん(チャーム)

月(チャームの土台)

ロゴ入りの円(スタンドの土台)

蝶々(飾りパーツ)

 

色を塗る

 

 

 

 

プラバンを裏面にして色を塗っていきます。

今回は、ポスカや色鉛筆、パステルを使用しました。



月のプラバンはザラザラ面にパステルを指で塗ります。

パンチで穴を開ける

 


パンチで穴を開けます

 

 

トースターで焼く

 

 

次に、プラバンをトースターで焼いていきます。

今回は、月を焼くのが失敗しそうでめちゃくちゃ怖い(´ω`)

大きくて複雑な形のプラバンは焼きの失敗確率がグンとUPします・・・

焼きかたはこちらを参考にしてね

 

 


MEMO
ちなみに、月は見事に失敗しました(´ω`)
1回目の月は、先端部分が丸くなってくっつきグチャグチャになってしまったので作り直しました
今回は月に直接パンチで穴開けしました
この方が失敗の確率も減るし簡単でいいかも◎
今回の焼きも先端がちょっとヨレちゃったけど
これくらいは良しとします( ^ω^ )

 

デコパージュ液を塗る

 

 

 

次に、油性ペンで描いた部分にデコパージュ液を塗っていきます

指でぬりぬり

塗って乾かしてを2回繰り返しました(´ω`)

 

レジンコーティングをする

 

 

 

レジンをのせて竹串で伸ばしていきます


チャッカマンで炙って気泡を飛ばします

注意
レジンは引火性があります。チャッカマンは危険なので、エンボスヒーターがおすすめです!たまちゃんはチャッカマンを使用していますが自己責任でご使用ください。

気泡がなくなったらUVライトで硬化します

レジンコーティングは2回繰り返しました

 

蝶々のパーツもレジンでのせて固定します。

 

丸カン、カニカンをつける

 

 

 

次に、月としのぶちゃんにパーツをつけていきます

丸カン、カニカンは貴和製作所で購入したものを使用(´ω`)

参考記事のタイトルとURLを入力してください

ヤットコで取り付けていきます。

 

こんな感じで月には丸カン、しのぶちゃんには丸カンとカニカンをつけてチャームにします♡

 

ラインストーンをのせる

 

 

月としのぶちゃんをキラキラにしたいので

ラインストーンもつけていきます♪

セメダインをパレットに出してピンセットでのせていきます

接着剤や竹串を使ってのせていきます( ^ω^ )


 

ストーンはスワロフスキーを使用しました♡

お値段は高いですが、輝きがすごく綺麗です♪

ガラスストーンだとリーズナブルなので初心者さんにもおすすめ!↓

土台に固定する

 

 

 

次に、月のパーツと土台を接着していきます。

今回はレジンでくっつけていこうと思います。

接着剤でもいいと思いますが、

固まるまで時間がかかるので、レジンがおすすめ!

こんな感じでレジンをつけたらUVライトで固めます。

土台が固定されたら、しのぶちゃんを月のパーツに取り付けます

 

 

完成

 

 

 

完成です♡

 

まとめ

 

いかがでしたか?

こだわって作ったので時間と手間はかかりましたが

とっても可愛く仕上がりました(´ω`)

ぜひ、作ってみてください♡